保育七原則 

 

機◆屬曚い」とは

   ・「ほいく」には、二つの熟語があります。

  その一つは「哺育」で、子が独立するまで動物等の親が保護・養護することを指します。

   こ れに対して、「保育」という熟語には明確な語義がなく、明治時代以降に「保護+教育」

   の略語として用いるようになったとされています。

   ・そのため、実際の「保育」には「保護(養護)」と「教育」の両面が併存しています。

 

供◆嵎欅蕁廚量榲と方法

  ・「保育」の目的は、こどもの心身の健全育成を促すことです。

  ・「保育」の方法としては、「自然主義」や「進歩主義」など様々な理論があり、それぞれの

   実践も試みられてきました。

  ・「児童中心主義(保育)」や「集団(主義)保育」も、その一つです。

  ・「児童中心主義」とは、一般に自由保育とも呼ばれ、こどもの個々の自由遊びを、施設

   としての保育としてまとめていこうという考え方です。

  ・「集団主義」とは、係の活動や話し合い等の集団生活を通じ、こども個々の心身を発達

   させていこうとするものです。

  ・これら「児童中心主義」および「集団保育」の理念は、実際の保育においては対立し た

   り矛盾したりするものではありません。むしろ、これらを両立し使い分けることにより、互

   いに補い合う関係にすることができるものです。

 

掘◆嵎欅蕁廚琉銘嵒佞

  ・気よび兇鯑Г泙─◆崕乎鎚欅蕁飮童中心」をタテ軸

   に、「養護教育」をヨコ軸にして図案化すると、実際の保

   育を目に見える形で位置付け ることができるようになり

   ます。

  ・この図で考えた場合、幼稚園の保育としては「教育」と

   「集団保育」を基盤として、「児童中心」と「養護」を尊重

   していく姿勢が大切です。

  ・そして、保育園の保育としては「児童中心」と「養護」を

   その責務としながら、「教育」と「集団主義」にも意図的

   に取り組む意欲が大切です。

  ・このように、保育を実践するうえでは、「集団保育−児

   童中心」の軸と「養護−教育」の軸を踏まえ、どこに位

   置付けて保育するかが重要になります。必ずしも、軸

   の中央に近づけていくことがよい訳ではありません。

   条件に応じて、適切に組み合わせていくことが肝心です。

 

 

検◆嵎欅蕁廚慮饗

  ・次ぎに揚げるのは、国の中央児童福祉審議会保育制度特別部会中間報告(1963)で

   示されたものです。少子化対策が叫ばれる昨今において、もう一度見直すべき提言内容

   となっています。

                             

                             保育七原則 

 

[梢討砲茲覦情に満ちた保育

∧貎討諒欅蘋嫻い班秧討龍力義務

J欅虔法の選択の自由と、子どもの母親に保育される権利

げ板輅欅蕕鮗蕕襪燭瓩慮的援助

ゲ板躇奮阿諒欅蕕硫板躄

η齢に応じた処遇

Ы乎鎚欅

 

ページの最初へ